仙台市の不動産査定の注目ポイント!価格が気になるなら査定はお気軽に

仙台市で不動産を処分したい場合に必要な手続きは売却です。売却をする前に必ず「不動産査定」を行いましょう。

不動産査定を行動に移す前に。仙台市とは一体どういうところ?

いざ、仙台市で不動産査定をしてもらう前に、仙台市について簡単に知っておきましょう。

仙台といえどもとても広く、地域によって査定額も異なります。

不動産がある場所が仙台のどのありなのか確認しておくことも必要です。

《仙台市とは》

日本に住んでいれば誰もが知っている仙台市は、宮城県の県庁所在地であり東北第一の都市です。

東北地方の行政や商業の中心地であり、東北新幹線も通っています。

人口は約109万人で政令指定都市のひとつです。

仙台市は5つの行政区に分かれ、それぞれに特徴があります。

《仙台市の行政区と査定の相場》

○青葉区 仙台市の中心部にあたる行政区です。

不動産査定の相場は坪単価で約23万円、面積100m²あたりの売買価格は約686万円です。

○宮城野区 仙台市の東北部に位置し、青葉区や多賀城市と隣接しています。

査定相場は坪単価で約38万円、面積100m²あたりの売買価格は約1137万円です。

○若林区 仙台湾に面した平坦な土地が特徴で水田が多く存在します。

査定相場は坪単価で約37万円、面積100m²あたりの売買価格は約1125万円です。

○太白区 仙台市の南部に位置し、東西に長く伸びています。

査定相場は坪単価で約25万円、面積100m²あたりの売買価格は約753万円です。

○泉区 風光明媚であり、青葉区などのベッドタウンとなっています。

査定相場は坪単価で約30万円、面積100m²あたりの売買価格は約893万円です。

▼関連記事

宮城の路線価8年連続上昇 コロナ禍影響未反映、今後は不透明 | 河北新報オンラインニュース

Comments are currently closed.