仙台市の不動産査定の注目ポイント!価格が気になるなら査定はお気軽に

仙台市で不動産を処分したい場合に必要な手続きは売却です。売却をする前に必ず「不動産査定」を行いましょう。

仙台市に土地を持っているなら不動産査定をしてみよう

仙台市の持ち家にずっと住んでいたけど、急な転勤で離れることになり戻ることはない。

事情があり資金が必要になったが、家を売って何とかしたい。

土地を持っているが税金の支払いが困難…。

仙台市に限らず、不動産を持っている人はこのような悩みや事情を抱えている人は少なくありません。

そういったお悩みを解決するのに最適な方法が「不動産売却」です。

売却をすれば資金が手元に入るのと、土地関連の税金の悩みからも開放されるため一石二鳥といえるでしょう。

ですが、売却をする前に必要なことは「不動産査定」です。

何事にも物を売りたいと思った時には見積もりを取って納得いく額で売ることがセオリーです。

今回は売却を考えている方に最適な仙台市の不動産査定のポイントについてご案内します。

《不動産の定義とは》

ざっくりと土地や家、マンションなどが不動産なのではとイメージする人は多いと思いますが、不動産にはきちんとした法的な定義があります。

読んで字のごとく不動産とは「動かすことが出来ないもの」を指します。

民法86条の「土地およびその定着物は、不動産とする」という規定の通り、土地と定着物である家は不動産とされ動かすことのできるものは「動産」と呼ばれます。

そして不動産に必ず必要なものは「登記」です。

登記されていないものは所有者とみなされません。

また、自家用車などは動かせるため一見動産に思えますが、車もまた登記の手続きが必要なため法律上では「不動産」とみなされます。